走りやブレーキの効きを大きく左右するタイヤは慎重に選ぼう!

ウーマン

安全運転のために必要

黒い車

安全に運転をするためには車検が必要ですが、同じようにタイヤ交換も大切なことなのです。スムーズに走行するのはもちろんのこと、しっかりとブレーキを効かせるためには、タイヤの状態がよいことが条件のひとつとなります。経年劣化するゴム製であるということと、道路との摩擦をダイレクトに受けるパーツであるため、どうしても一定期間が経過したら交換する必要が出てくるのです。新しいものをつけてから3年程度が経過した頃が替えどきであると言われており、3年が経っていなくてもタイヤの溝の減り具合によっては交換した方がよいと言われています。溝の深さが1.6ミリ以下になると車検を通すことができませんので、2ミリ程度になったらタイヤ交換を考えた方がよいでしょう。タイヤがすり減って溝が浅くなっているとスリップを起こしやすく、雨天時の運転は特に危険です。どんな天候であってもしっかりとブレーキを効かせるために、きちんとタイヤ交換をしておくことをおすすめします。タイヤ交換の値段は、どこに依頼するかによって変わってきます。タイヤ交換の値段はインターネット上で簡単に調べることができますので、比較しながら選ぶとよいでしょう。また、まずは値段の相場を調べて基準を設定することも大切です。基準となる値段から比べて安いか高いか、サービス内容はどうなっているかといった点に注意して比較するとよいです。安くても必要な作業がオプションとなっていて追加料金が必要にならないか、高い分サービスは充実しているかといったように、慎重に調べていけば失敗することはないでしょう。