走りやブレーキの効きを大きく左右するタイヤは慎重に選ぼう!

ウーマン

冬場の運転も安心

車のおもちゃ

いつでも安全運転を心がけるべきではありますが、特に注意を払いたいのは冬の時期の運転と言えます。というのも、雪や凍結によってスリップしやすい状態になりやすいためです。特に道路の凍結は怖いもので、一見普通の道路のように見えるために、油断して事故を起こしてしまうということもあるのです。このような危険を避けるためにも、冬の時期はスタッドレスタイヤに付け替えておくのがよいでしょう。スタッドレスタイヤとは、名前の通り鋲の付いていないタイヤであり、かわりに太い溝が付いていることが特徴です。雪の上や凍結した道路の上でスリップが起こりやすくなるというのは、水が原因であると言われています。雪や氷の表面が溶けて水になっている上を走るために、硬いゴムでは滑りやすいのです。ゴムは温度が低いと硬くなる性質をもっていますので、夏場と同じタイヤのままではスリップしてしまう危険が高まってしまうでしょう。しかし、スタッドレスタイヤであれば冬場の低い気温の中でも、柔軟性を保つことができるのです。また、太い溝のおかげで排水性能がよいので、タイヤと地面の間に水が残りません。そのため、しっかりとした摩擦力が維持でき、雪や凍結した道路であってもブレーキがよく効いてくれるのです。必要なときにチェーンを装着するよりも楽ですし、何より走りやすいというのがスタッドレスタイヤを利用する大きなメリットであると言えます。冬場であっても安全性と快適な運転を保ちたいのであれば、スタッドレスタイヤへの交換がおすすめです。